東京都で喪主をする前に知っておきたいこと

Posted on 2015年5月25日 By

東京都で葬儀をあげる場合、喪主としていくつか知っておくと役に立ちます。まず葬儀は、日頃から付き合っているお寺であげることになります。したがってそのお寺の住職に連絡をとり、葬儀の日を決め、当日は読経等ひととおりの儀式をしてもらうことを依頼します。
葬儀には葬儀屋さんが必ず必要となります。こういった業者は多く存在しますので、死亡した人から聞いていたところやお寺が紹介してくれる業者等で決めると安心出来ます。この業者が儀式についてはとり行ってくれますので、あらかじめいくつかの相談をし、当日は任せることが必要です。
東京は人口も多いため、葬式は比較的簡単に済みます。その後のふるまいについては業者と相談をし、希望するコースのものを選びます。喪主は、来てくれた人達に何度か挨拶をすることがあります。どの地方でもそのあたりは同じです。悲しみで気が動転している場合も多く、何を話せばよいのか、混乱することもあります。そういった状況をある程度の年齢の人達は多く見かけたこともあります。
そのあたりはしょうがないことですが、なるべく気丈に、故人を偲びながら親族や知人等にお礼を述べることが必要なこととなります。どのくらいの年齢でなくなったのかは様々ですが、故人が生きていた頃を思い出しながら、大切に葬儀を行うことが喪主のつとめとなります。多くは家族が行うことになりますので、忙しいですが健康に気をつけて役目を果たす努力をすることが必要です。

葬儀


東京で信頼できる葬儀社を探すためのポイント

Posted on 2015年5月23日 By

急に親族が死亡し葬儀を取り仕切ることになり、葬儀社を探すのは大変です。特に地方から東京に住んでいる人が、東京で葬儀となると地方の親族に連絡、東京の葬儀社を探すことが喪主の最初の仕事です。親族といろいろ相談し、とり行うことができる場合は近い場所を探し、直接行って葬儀社との葬儀内容を話し合えますが、信頼関係のない初めてのことで、喪主として、後悔することになります。信頼関係ができるまでの準備期間を喪主となるべき人は持たなければなりません。人生最大の別れの場所選びを自分の責任と義務でやるという自覚が大切です。他人に対する配慮は、喪主の一番の心するべきことです。家族葬という形式が多い今日この頃、信頼を人生において、大切に生きることことです。命の大切さを自覚することです。便利な形式にとらわれない現代は幸せであると同時に他人への優しさ、思いやりの心が欠けてきています。死を迎える人に対し、哀悼と冥福を祈る大切さの本当の意味を理解すべきです。先祖、子孫の意味、未来を感謝し、祖先に感謝すべきです。合掌の意義を形で表現する重要性を、宗教のありがたさを理解すべきです。形の大切さを知り、人生の糧にすべきです。世代を超え、世界を超え死の意味は永遠のテーマです。人生で、自分の義務であり責任でもあります。日本人の尊さは家族が団結して、大事にあたるところです。死という尊いことがらを粗末に扱うことを恥じる自分であるべきです。生きる意味は死に方でもあります。

葬儀


東京都:葬儀費用の内訳

Posted on 2015年5月21日 By

東京での葬儀にかかる費用は、一般的に3つの合計をします。内訳は
①葬儀施行費用として、祭壇や花、会葬御礼状、火葬料や霊柩車、司会の人件費などがあります。葬祭業者によって、葬儀一式◯◯円という「セット型」と、個別の商品サービスを自由に組み合わせる「フリー型」があり、あらかじめ生前に決めておくならフリー型がよいのですが、家族が亡くなってすぐ、「棺は、霊柩車は」などと一つひとつ悠長に選んでいる精神的な余裕は遺族にはないので、セット型が便利です。単価の高い花を使ったり、故人らしい演出にお金をかけたりする場合は、施行費用が、かえってかさんでしまう場合もあります。
②飲食接待費として、香典返しや会葬御礼品、通夜ぶるまい、精進落としなどがあります。一般的に参列者が多いほど費用がかさむ傾向にありますが、家族がごく親しい人たちのでこじんまりとお葬式をする場合でも、お料理に費用をかけたいと考える人もいます。
③宗教費用として、仏式の場合は僧侶などへのお布施や、お寺で葬儀をする場合の会場使用料があります。宗教色のないお葬式をするのなら、宗教費用は不要です。
お葬式にどれくらい費用がかかるかは、参列者の数やどんなお葬式をしたいかによって異なってきます。納得のいくお葬式をするためにも、最低でも2社の見積もりをとり、基本料金に何が含まれているか、含まれていない商品やサービスで必要なものは何かを確認して、それらの料金を把握しておくことが大切です。

葬儀